ストリーミングサービスSpotifyの音質はオーディオ音源として使えるか

      2018/06/21

ストリーミングサービスSpotifyのメリットは従来ネット音楽配信ではありえなかった楽曲数をカバーしていることです。

邦楽曲で言えば、宇多田ヒカル、ももクロ、田島貴男、徳永英明、ミスチルといったメジャーなアーティスト達の全てのアルバムの楽曲を

無料で配信しています。

この状況は、洋楽、ジャズ、クラッシックのジャンルでも同様です。

イマドキ購入ができない廃盤となっているアルバム楽曲まで聞くことができるのもうれしい限りです。

こうなると

オーディオ的音源としてどこまで通用するのかということも検証したくなります。

Spotify無料の音質はOgg Vorbis 160kbit/秒、有料のプレミアムユーザーは、320kbit/秒の高音質ストリーミングを楽しむことができます。

今回Spotifyの音質検証に使った機器はDACチップESS9018付きデジタル回路+金田式IVCで構成されているDAC-MP1です。

購入価格は20万円程度ので、ヘッドホンアンプもついています。

Spotifyの音質の検証はDAC-MP1に内蔵されている金田式ヘッドフォンアンプとヘッドフォンT70p で行いました。

Spotifyの音質の検証に使った曲は


検証使った楽曲は

Lee Oskarリー・オスカーのI Remember Home (A Peasant's Symphony) The JourneyとThe Promised Landです。

The Promised Land約束の地は1977年に資生堂のCM曲として使われました。
資生堂のCMには「女の顔はひとつじゃないよ」のキャッチコピ-とともにLee OskarのThe Promised Landが流れていました。

ところでこのThe Promised Landが入っているアルバム名称は Lee Oskarです。

このアルバムは廃盤となっていて購入することができません。

Lee Oskarの他のアルバムは発売されているのにもっとも有名になったこのアルバムが廃盤になっているのはチョット何やっているのか理解できません。

試しにSpotifyで探してみたらこのアルバムでてきました。

全曲再生できます。

ちなみにSpotifyでの検索はリー・オスカー と入力しても何も引っかかりません。

Lee Oskarならokです。

 
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">


 

Spotifyの音質の切り替えのやり方


Spotify無料版は音質の切り替えはできませんが、有料版はOgg Vorbis 160kbit/秒と320kbit/秒のどちらかを選ぶことができます。

私は有料版を既に購入しているので切り替えて試聴しました。


The Promised Land無料版Ogg Vorbis 160kbit/秒の音質


曲が始まる前に街の雑踏音や機関車が走り去る音などが聞こえてきます。

この辺の音がリアルに聞こえるかどうかですか、

Ogg Vorbis320kbitと比較すると少し音の密度が薄い感じがしました。

曲が始まるとハーモニカの音色やベース音などをチェックしました。

こちらもベースのアタック感が少し欲しいと思いました。

それでもノイズのやかましさもなく、十分鑑賞に堪える音質ではあります。

The Promised Land有料版のOgg Vorbis320kbit/秒の音質


雑踏や機関車の音は一聴して、個々の音の分離も良く明瞭に浮かび上がっているのがわかります。

ベースもアタック感を感じさせます。

全体に音の密度が増してリアル感があります。

ストリーミングサービスSpotifyの音質はオーディオ音源として使えるか まとめ


有料版のOgg Vorbis320kbit/秒の音質であればオーディオの音源として使いこなせるでしょう。

かなりCDの音質に近いのではないかと思いました。

次回はCDとOgg Vorbis320kbit/秒の音質比較をしてみましょう。

 - 情報