ストリーミング配信SPOTIFY高音質とCDの音質比較をしてみた!!

      2019/03/12

ストリーミングサービスSpotifyの高音質(Ogg Vorbis320kbit/秒)はオーディオ音源として使えるか検証してみました。

ストリーミングサービスSpotifyのメリットは従来ネット音楽配信ではありえなかった楽曲数をカバーしていることです。

邦楽曲で言えば、宇多田ヒカル、ももクロ、田島貴男、徳永英明、ミスチルといったメジャーなアーティスト達の全てのアルバムの楽曲を

無料で配信しています。

有料になっても980円/月ですからお得な音源と言えます。

オーディオマニアは少しでも高音質の音源や再生能力の高いハード機器を求めます。

マニアまではいかない人がオーディオ装置でSPOTIFYのストリーミング配信を再生して不満を持たないかのレベルでチェックしています。

使用したオーディオ機器はDACチップESS9018付きデジタル回路+金田式IVCで構成されているDAC-MP1と金田式ヘッドフォンアンプとヘッドフォンT70p

です。






Shaiの アルバムから If Iever fall in Love をCDとSPOTIFYで音質比較してみた



Shai はアメリカのコーラスグループです。

Shaiの アルバムIf Iever fall in Love の売上は300万枚に達しています。

そのアルバムタイトルである If Iever fall in LoveでCDとSPOTIFYの高音質の音質比較をしました。

Shai の 楽曲If Iever fall in Love き エレキベースの超低音を実に上品にコーラスにのせてきます。

周波数帯域で言うと50hz付近の超低域です。

この超低域をCDとSPOTIFYの高音質は再生してきます。

之には驚きました。

ただSPOTIFYは非常に薄いベールが全体にかかっている感はあります。

別の言い方をすれば音の密度がわずかに薄いのです。

これはヘッドフォンで分析的に効いた場合にのみわかることでしょう。

ですからSPOTIFYの高音質はオディオ的にも使える音源だと言えそうです。

宇多田ヒカルのアルバムからHEART STATION をCDとSPOTIFYで音質比較してみた

 

SPOTIFYの高音質は情報量としては欠落はないものの音の密度がわずかに薄いと感じました。

違う言い方をすると音の芯があるのはCD出の方です。


エレキベースの超低域(50Hz)は同様に再生されているし、伴奏楽器の音もやかましくはありません。


ノイズも皆無です。

ただ音の密度がわずかに薄いまかなとという感じです。

これはヘッドホンで分析的に効くから感じることなので

音楽の鑑賞に影響が出る問題ではないでしょう。

何故なら再生してくる情報量に過不足はないからです。

むしろ口径が小さくて低音が再生されないスピーカーの問題の方が大きいレベルです。

口径が小さくて低音が再生されないスピーカーであればCDもSportifyの低域情報を再生できないからです。

Sportifyの高音質はオーディオ音源としても使いこなせると思いました。

 - 情報