ソビエト軍規格と真空管

   

真空管差動単段アンプ用の真空管をいろいろ探しているときに6H1P-EB真空管がオークションで売られていました。

6H1P-EBのデータシートはロシア語と英語で説明が記載されていました。 

超高耐久仕様の真空管であることがわかります。

周囲温度は-60度~+90度まで許容されています。

周囲温度が−60度というところがすごいですね。

さすがロシア製です。

衝撃荷重は500gとあります。

戦闘機でも積んでいたのかというほどの高耐久性で、寿命は安全側で5000時間です。

差動単段アンプから再生される音は、緻密で分解能が高い惜しむらくは出力が低いことです。

通常はWM4871DACと金田式プリアンプをからの出力を再生しています。

このアパートの部屋ではフルボリュームは出さないようにしています。 

93DBのZOO4950という能率の高いスピーカーで聴く分には真空管特有のハーモニーと立体的音像で音楽鑑賞ができます。


 - アンプ