D-55から満足する低音を出すには

   

和室に移動してからD-55からどうにか低音がでるようになりましたが、まだ実力がでていない思ってました。
それほど巨大なスピーカーボックスなのです。
迷った結果、再生装置をいじる前にテクニクス20F20を型チャンネル2発づつ使用した巨大なスーパーウーハーを製作することにしました。
その時ローカットフィルターに使用したのが三栄無線から購入した写真の大型コイルです。
これはまだ2個保有しています。P1030500-1.JPG
しかしながらこのスーパーウーハーの低音の質には満足できなくてすぐ解体してしまいました。
スピーカー固有のボンつく低音が全くFE208スーとは合いませんでした。
アップはラックスM06αで十分な駆動力がありました。
満足できる低音がでるように成ったのはオヤイデのコンセントボックスやイコライザーアンプE06α、窪田式バッファーアンプを入れてからですPiazzolla_Concierto_en_Nueva_York.jpgMILVA1.jpg
ピアソラやミルバのLPから超低音がフワッとでてくるようになりました。
この低音が良くて毎日聴いていました。
それにしてもこのシステムは8畳間には大きすぎました。
廊下の障子戸からの明かりがこのシステムで遮断されて部屋の中が暗くなりました。
今でもこのシステムから再生された音、特に低音は完全に覚えています。

 - スピーカー