foobar2000とWAVE FILE PLAYER

   

WASAPIでfoobar2000を再生した場合リニアPCM、16bit/44.1kHz、2ch以外はREX-Link2Sば送信不能です。

もともとREX-Link2Sは16bit/44.1kHz、2ch以外は再生できないので特に問題になるわけではありません。
REX-Link2S経由で良く再生する私にとってはWAVE FILE PLAYERの利用頻度が上がります。


対してWAVE FILE PLAYERは名前の通りWAVE FILE以外は再生できませんが、WAVE FILEであればREX-Link2Sは16bit/48kHzでも24bitでも送受信可能なのです。

これはWAVE FILE PLAYERはまだカーネルストリーミングモードで動いているからなのでしょう。

それなのに低域の分解能は圧倒的差を持ってWAVE FILE PLAYERがすぐれています。


例えばBETTY WRIGHTのアルバムMovieからReal Woman超低域のベース。

WASAPIでfoobar2000ベースはどの音程もひとつの塊になっていてうるさいだけですが、WAVE FILE PLAYERの再生するベースはどの音程も芯とその付帯音に見事に分離しているので鑑賞モードに入れます。

この分解能力の差は曲の価値にかかわる圧倒的な差です。


WAVE FILE PLAYERは和田特機(株)により開発されました。現在対応するOSはVISTAと7です。

WAVE FILE PLAYE for Experimentalが再生できるのは以下の◎が再生可能、○がほぼ再生可能です。

16bitでは44.1kHz◎、48kHz◎、96kHz〇

24bitも同様です。


WAVE FILE PLAYERは音質を追求する一方、余計な動作をさせないので、時間やレベルなどリアルタイムで動作する表示機能はカットされています。

WAVE FILE PLAYE for Experimentalは音源データをPC内の最高速な素子であるメインメモリにあげて時間軸のゆらぎを排して再生します。

この辺が超低域の分解能の精度にあらわれてきているのでしょうか。

foobar2000はメインメモリを使用した再生はしませんが、音源を自分であらかじめメインメモリあるいはSSDに置いて再生することはできます。

時間軸のゆらぎが無くなったfoobar2000の音質はどうでしょうか。

SSDに音源を置いてWASAPIモードでfoobar2000を再生してみました。

音楽のピッチがおそくなり、分解能も向上しますが、私の感じではWAVE FILE PLAYE for Experimentalの安定感と分解能に軍配をあげます。

foobar2000のメリットは、WAVE FILE PLAYERがWAVEファイルしか再生でき無いのに対し、再生可能ファイルの幅は圧縮ファイルを含め大変広いことです。

いまどき音楽を容量の大きいWAVE ファイルで保存しているのはよほどのマニアしかいないのではないでしょうか。

リアルタイムに、再生時間やレベルを表示してくれるのも利便性が高いところです。

 - 情報