PCM5201AとPCM2704Kの音質比較(2)

   

DSCN0321.JPG
PCM5201AとPCM2704Kの音質比較です。

前回の音質比較ではAmulechのAL-9628Dのヘッドフォン出力を使いました。

PCM5201AとPCM2704Kの音質比較ですからDACチップ以後の構成を近づけるべきでした。

今回PCM5201AにもAKIDACと同じヘッドフォンアンプを使用して再度音質比較をしてみます。

使用したのはnabeさん設計のLME49721を使った低電圧ヘッドフォンアンプです。

ヘッドフォンはT70pです。

試聴した曲は前回と同じParis TroikaのHotel Californiaです。

結果はAL-9628Dのヘッドフォン出力の音が透明感、鮮烈感が少し勝りますが、ほとんどnabeさんの低電圧ヘッドフォン出力の音と差はありませんでした。

nabeさんの低電圧ヘッドフォン出力の音はアナログ的な暖かみがあり、AL-9628Dのヘッドフォン出力の音は鮮烈感が勝るといった違いでした。

情報量等に変化は見いだせなかったので前回の評価を変える必要はないと思いました。



 - DAC