音の良い極短USBケーブル

   

前回の比較視聴ではDDコンバーターの機種による音質差はでてきました。

特にXMOS評価基盤との音質差はすぐにわかるほどでした。
DSCN0342.JPG
パソコンとDDコンバーターあるいはUSB接続DACはUSBケーブルで接続します。

この種のUSBケーブルは多品種販売されていることからケーブルによる音質差があることは既にあきらかです。

私が購入したのはオヤイデのd+ USB class Aハイスピード対応ケーブルだけです。
最大転送速度480Mbps です。
それにしても売られているオーディオ用の USB ケーブルは高価です。
それなりの効果はあるようで、5万円程度のDAC同しの音質差よりも大きいとも言われています。
クリスタルケーブル Crystal USB Diamond 1,5m 155,000円

トランスペアレント Premium USB Audio Cable 1.5m 75,000円


すばらしい音質のようですが私にはとても手がでません。

もう少し低価格なもので

オーディオクエスト USB Carbon 1.5m 16,000円

フルテック     GT2PRO USB-B 1.2m 18,000円

AET EVO-0508  1m 18,000円


もう少しお金持ちになったら買いましょう。

今回はケーブル長さを極端に短く、良質な配線材の径を太くして音の良いUSBケーブルを自作しました。

前回の結果では、AL-9628Dに内臓されているDDコンバーターより、単品販売されたDDコンバーターRUDD24の方が音質上優れている結果でした。

優れていた点は、楽器音像の定位間と まとまりでした。

RUDD24++DAC MP-1の音像はにじみが全くなく、音に実在感があり、鑑賞モードにすぐ入ってしまいました。

DDコンバーターの差あるいは、ノイズ対策の差が現れたものと思います。

本来AL-9628DはDDコンバーターとDACは一体のコンパクトな製品なわけですから今回は分離せずに一体物として評価します。

RUDD24+DAC MP-1の方はこの形で音質評価します。

両方とも前回はパソコンとの接続ケーブルはオヤイデ電気のUSBケーブル( 1.0m d+USB class A/1.0 )を使用しました。

オヤイデのケーブルは効果ありで気に入っていつも使用しているケーブルです。

今回は長さが15cmの自作USBケーブルを接続に使用します。

DSCN0347.JPGUSBのプラグはA,Bプラグをマルツパーツで購入しました。

ケーブルはダイエイ電線の0.5スケアです。

金田式アンプにみならって線の方向を4本ともそろえました。 

ケーブルにある文字の頭側をAプラグ側にしました。


USBプラグはBタイプケーブル用、Aタイプケーブル用は秋葉原のマルツパーツで購入しました。

千石電商でも売られているようです。

通販での入手もできて共立エレショップでは1個170円です。


USBのプラグにダイエイ電線を半田付けするのには、プラグのピン間隔が狭いので難儀しました。

最初から「白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600 」を使えば良かったのです

温度管理ができるので半田のツキもデキも抜群なのです。

この半田ごてはプラスチッククラフトが趣味の女房と取り合いになっています。


信号線の配置はネットを参照しました。

最初はオスとメスのピンの配置を間違えて参照したので、やり直しなどで完成するのに2時間もかかりました。

この自作ケーブルですが手間かかっただけあってこの音質がすばらしかったのです。

単に長さを1mから15cmに短くした効果だけとは思えません。

最初は自作ケーブルでAL-9628Dとパソコンとの接続して視聴結果です。

大橋純子のたそがれマイラブです。

全体的に情報量が増えるなかで音の鋭さが無くなりました。

物理的に音数が増えたというよりも実在感がましました。

ノイズがますます減ったという感じです。

いつまでも聞いていたくなって最後まで聞いてしまいました。

いつも聞いているピアノトリオのホテルカリフォルニアも極小シンバル音の明瞭さが増したようです。

次に(RUDD24+DAC MP-1)の視聴結果です。

まったくAL-9628Dと同じ結果です。

しかし、ボーカルがストリングスから浮かび上がり、ストリングスに全くマスキングされません

音量をあげていってもうるさくありません

(RUDD24+DAC MP-1)の方が勝りました。

DAC MP-1に付属しているのは金田式ヘッドフォンアンプです。

ヘッドフォンアンプの差がでているかも知れません。

AL-9628Dのアナログ出力にnabeさんのFET無帰還ヘッドフォンアンプをつけてもう一度試聴しました。
そうすると音質がかなり改善するのですがわずかに(RUDD24+DAC MP-1)が勝るようです。

肝心のケーブル長さによる音質差ですが、見事にあらわれました。

音の純度、実在感があがりすぐ音楽引き込まれ鑑賞モードに入ってしまいます。

手作りのケーブルですが価値ありです

お金がない人は自作極短USBケーブルがおすすめです。

 - ノイズ対策