WolfsonのDACチップWM8741

   

WolfsonのWM8741高音質で有名なリンのネットワークオーディオプレイヤーAKUTATE DS/K (997,500円)に搭載されたDACチップです。

日本ではRatoc Ral-DSDHA2(120,000円程度)、パイオニアのSACDプレイヤーPD-D9 ( 138,000円)等があります。

WM8741が販売されたのは2007年です。

Wolfsonはイギリスのエジンバラに本社をおく半導体企業ですが、今年の8月にアメリカのCirus Logic社に買収されました。

日本のオーディオメーカーと同様に買収されても過去のブランド名は生かして企業継続しているのかは不明です。

DSCN0322.JPGWM8741は16bit~32bit,192kHz更にDSDにも対応し、128SNRの性能を有するDACチップです。

マルチビットシグマデルタ変調、カレントセグメント方式で差動電圧出力です。

WM8741はWOLFSONでは今もトップランクに位置する製品です。
私はそのWM8741とデジタルレシーバーCS8416を搭載したDACを5年ほど前に、ネットで購入し、内部のオペアンプをMUSE02に変更して今まで使用してきました。

ヘッドフォンアンプはnabeさんFETA級無帰還を使用してきました。

この構成で性能も音質も文句なしなのです。

ESS9018DACチップ金田式IVSから構成されるDAC-MP1と比較しても私の駄耳では容易に判別がつきません。

fetHPアンプ2.JPGボーカル物などを聴くとわずかにDAC-MP1の奏でる音楽の方が伴奏楽器の演奏の熱意がより伝わるかなと思いました。(ボーカルは当然のこととして)

しかしながらWM8741優秀なDACチップなので使いこなしによりまだまだ音質向上の余地がありそうです。


 - DAC