I2S伝送をスピーカーシステムで聴く

   

デジットPCM2706基板によるI2S伝送とWM8741DACによる組み合わせでスピーカーシステムで聴きました。

図にシステムの構成を示します。 

スピーカーシステム.jpg
デジットのPCM2706基板から信号を取り出し、WolfsonのDACチップ基板までI2S伝送します。

結果はヘッドフォンによる試聴結果がほとんど参考にならないぐらい劇的な変化でした。

私のシステムではスピーカーによる再生の方が圧倒的にI2S伝送のメリットがでたのです。

全体的に再生音の山と谷の差が大きくなりました。

今までもノイズは感じなかったのですが、ここまで再生音がくっきりしてくるとSPDIF伝送には戻れません。

低音の再生周波数が下に伸び、欠落する上方が無くなった感じです。

低音の音質は濃くなったというか、硬くなったというか芯が入りました。

やはり以前はSPDIF伝送による高周波ノイズの影響を受けて低い周波数が変調を受けていたのでしょう。

からの超低域に芯が入り、変なふくらみがなくなりました。

スーパーウーハーの音量をあげていってもうるさくならなず、再生かる音楽の邪魔をしないのです。

スーパーウーハーのコントロールが劇的に簡単になったのです。

高域の方はたとえばドラムのハイハットの音に芯が入ったのでリアルな音に進化しました。

I2S伝送はツィーターと20cmフルレンジスピーカーZOO4950とウーハーFW305の能力を十分に発揮してくれるようになりました。

1アルバム名 Image 曲名 葉加瀬太郎 情熱大陸 

バックの雑踏音のざわめきがリアルで、私がそこにいるみたいです。

各楽器の分離や定位が明確になり、奥行き感もでてきました。

2アルバム名 花/荒城の月~ゲーリー・カー/日本の歌 曲名 五木の子守唄

実際に教会や講堂などの演奏会場で聞いているみたいです。

3アルバム名 カサンドラ・ウィルソン ニュー・ムーン・ドーター  曲名 LOVE IS BLINDNESS

全体に音がくっきりし、ベース音に芯がはいりその音が硬く床を打ちます。

4アルバム名 曲名 Mozart Requiem in D Minor,K626

最低域の分離が良くなり力強さがましたので音の動きがわかるようになりました。

クライマックスのフォルテシモでも分離が良く付帯音が消えたのでうるさくなくなりました。

5アルバム名 松任谷由実 Delight Slight Light Kiss 曲名 リフレインが叫んでる

曲の出だしのベース音が強烈になりまた。

スーパーウーハーの音をかなり上げても迫力がでることがあってもユーミンのボーカルの邪魔をしません。

ボーカルもリアルで感情の機微がわかるようです。


 - DAC