自作エンクロージャーFE83en

   

小型スパイラルホーンに取り付けたDIY AUDIOのSA/F80AMGは十分な低域再生でした。 

気を良くして本命のFOSTEX FE83enを取り付けました。

FE83enは使いこなしが難しいスピーカーであると思います。


昔コイズミ無線にFOSTEXのスピーカー設計集がおいてありました。

これに掲載されていたFE83のダブルバスレフを作りました。

低音が出るには出るのですが、ドラム缶がなっているような低音でいやになりました。


最近では音道長さ1mほどの小型バックロードホーンを作りましたが、これは全く低音がでませんでした。

低音が出ないFE83はセミが鳴いているみたいなところがあって鑑賞に堪えません。

今回も不安を感じつつ、FE83enをエンクロージャーに取り付けて音だししました。


やっぱり!!  全く低音がでません。

ベース音のレベルが低すぎて音楽が構成できていません。

予感があたりました。


ためしにPSTを挿入しました。

低音のレベルが相対的にあがったので、少し音楽らしくなりましたが、まだ低音不足です。

エンクロージャーが全くFE83enにあっていないようです。

しかし、ボーカルの再生力は4種のフルレンジの中でFE83enが一番説得力がありました。

何とか現状のエンクロージャーの寸法でFE83enを生かしたいものです。


長岡鉄男さんの設計集を調べてみました。

FE83を使った成功事例として、D-83フラミンゴがあります。

音道長さ2.5mでエンクロージャーの容積は26リットル以上あります。

今回製作したスパイラルホーンの音道は1.8mでエンクロージャー容積は11リットルです。 

スリムエイトとF-81にいたっては音道長さ3.6mで容積26リットルです。

このエンクロージャーでFE83の特徴が素直に出てくると記載されています。 

FE83enを鳴らすにはとても長い音道の長さと大きい容積が必要なのです。

試聴した4種のフルレンジ

FE83 88DB

TANG BAND 86DB

DIY AUDIO SA/F80AMG 84DB

AURA NS3-193-8A 80DB

 - スピーカー