3m音道で聞き比べ

   

前回製作したの3mの音道のエンクロージャーにして8cmフルレンジFE83enは、本来の性能をようやく見せてくれました。

FE83enの音質の特徴は、情報量の豊富さをバックボーンとする音の美しさ、鮮度の高さにあります。
そして低音のパンチ力です。

これはTANG BANDやDIY AUDIOなどの他8cmフルレンジと比較しての話です。

せっかく製作したエンクロージャーなのでTANG BANDやDIY AUDIOの再生音も聞いてみました。

最初はTANG BAND W3-582SCです。

ソフトな音質です。

低音はFE83enに比較するとさらに低いところまで延びていますが、パンチ力に欠けます。

ボーカルも歌手の個性が強くでてきません。

BGM的に聞きながすには良いでしょう。

負荷が強すぎたようです。

次はDIY AUDIO SA/F80AMGです。

コーンはマグネシウム振動板が使われています。

FE83enに比較すると音質は若干そふとですが、周波数特性はすごく広く再生してきます。

低音の量感はFE83en以上でパンチ力もそこそこにあります。

ボーカルも明瞭です。

どの局を聞いても破綻なく再生してきます。

モニター的に使用するにはこのエンクロージャーにはあっています。

少し負荷が強かったかも知れません。

最後にFE103enです。

やはり、鮮烈で美しい音です。

再生してくる低音にはパンチ力があります。

説得力が一番ある音です。

無理に音道の広がりを抑制したエンクロージャーなのですが、観賞用に十分使えます。

たとえば郷ひろみの哀愁のカサブランカなどを聴くと、彼の繊細な歌い方がみごとに再生されます。

ジャズピアノトリオなども楽器の個性的な音の再生力が見事です。

PC用スピーカーとしてニアフィールドで聴いているのですが、鑑賞モードにすぐ入っていける音質です。

このエンクロージャーは3mの音道があるにもかかわらず無理に小型に作っています。

それでも、バスブーストしなくても十分な低音を再生しています。

もっと素直に音道を広げていれば低音のレベルも上がりさらに低い周波数まで聴こえる可能性はあると思います。

視聴曲

Kenny Barron Trip Fragile

Shai I ever fall in love

郷ひろみ       哀愁のカサブランカ

松任谷由美      つばめのように

Bob James Spunkey

Holly Call Jersey Girl

 - スピーカー