プレイヤーがNASシステムの中のハードディスクを認識できない対策

   

WAVE.jpgWAVEファイルプレイヤーの再生音質は超高音質ですがWindows系のパソコンで、WAVEファイルの再生しかできません。

音質を良くするひとつの要素として、再生する音楽ファイルをメモリに転送してから再生することがあります。

こうすることで回転系の影響から逃れることができるのです。



同様な手法を使うプレイヤーとしてMAC系のパソコンではAudirvana Plusがあります。

とぢらのプレイヤーも音質的には同程度の高品位な再生をしてくれます。

最近私はBUFFALO NAS Navigator2(LS210D)を導入してNASシステムを構築しました。


ここでひとつ問題が生じました。


WAVEファイルプレイヤーを立ち上げてから、CHOSEボタンをクリックするとファイルオープンダイアログが表示されます。

通常はここから目的の楽曲のWAVEファイルを探せます。

ところが、このダイアログの中でBUFFALO NAS Navigator2のアイコンが認識できないのです。


1.jpgその一方でLANとUSB接続したIOデーターのHDJハードディスクは認識するのでその中にあるWAVEファイルを再生できます。

NASシステム中心機器のBUFFALO NAS Navigator2(LS210D)ハードディスクを認識してくれないのは困りました。

念のためredemeのWAVEファイルプレイヤーの使い方をチェックしました。

「WAVE File Player プログラムはWAVEファイルが入れてあるフォルダにおくと便利です。」という記載がありました。


そこでBUFFALO NAS Navigator2(LS210D)フォルダの中にWAVE File Player プログラムを置くとうまく再生できるようになりました。

再生の手順は

デスクトップにあるBUFFALO NAS Navigator2のアイコンをクリック → WAVEファイルフォルダの中のWAVE File Playerのアイコンをクリック
→WAVEファイルプレイヤーを立ち上げてから、CHOSEボタンをクリック→ ファイルオープンダイアログの中で目的の楽曲のWAVEファイルをクリック
これで楽曲がパソコンのメモリに転送されてから、再生が始まります。

 - 情報