Wave File Player for ExperimentalとNASの調整

   

Wave File Player for Experimentalは再生する楽曲ファイルをハードディスクから呼び出してメインメモリに置いてから再生します。

時間軸に対して正確に再生させるため、「WAVファイルを1曲毎にメモリーに転送してから再生」するので音質がよくなるといわれています。

マック系パソコンのAudirvana Plusも同様に「WAVファイルを1曲毎にメモリーに転送してから再生」する方式です。

Wave File Player for ExperimentalとAudirvana Plusは高音質再生なので私の常用のオーディオファイルプレイヤーです。

NASに保存されているオーディオファイルをPCから手際よくWave File Player for Experimentalで再生できるように調整を試みました。

ポイントは

・NASに保存されているWAVEファイルを最小のクリック数で再生できるようにする。

 
・連続再生ができるようにする

・Wave File Playerのハイレゾ再生を可能にする


[再生にかかわる準備]

NASの共有ホルダの中にmusecホルダをつくる。

musecホルダの中に楽曲ファイルを保存する。Wave File Player for Experimentalを主に使用する場合は保存する楽曲はWAVEファイルとする。

WAVEファイルが保存されているNASのmusecフォルダの中にWave File Player for Experimentalも一緒に保存します。

[一曲再生]

NASに保存したWave File Player for Experimentalを立ち上げる。

Wave File Player for ExperimentalのChoseボタンをクリックするとmusecホルダ内のWAVEファイルの一覧が提示されます。

任意のWAVEファイルを右クリックします。

「プログラムから開く」で表示された一覧の中のPLAY WAVE (マックの場合はAudirvana)をクリックします。

該当するPLAY WAVEがない場合は「規定のプログラムの選択」をクリックします。
右側に表示された一覧にPLAY WAVがあればクリックし、「OK」をクリックします。

無い場合は、「他のプログラム」又は「参照」からPLAY WAVを選びクリックし、「OK」をクリックします。再生したい楽曲ファイルをクリックしてアクティブにして、Windoe右下の「開く」ボタンをクリックしてから、Wave File Player for Experimentalのプレイボタンをクリックすると再生が始まります。

これでNASに保存されているすべのWAVEファイルはツークリックでWave File Playeで再生できるようになります。

[連続再生]

すでに前項の準備はできているものとします。
PCを起動します。
BUFFALO NAS Navigator2をクリックします。

WAVEファイルやオーディオプレーヤーソフトが入っているNASの共有フォルダからmusecフォルダをクリック。

Wave File Player for Experimentalのショートカットをクリックして立ち上げます。

プレーヤーのChoseボタンをクリックし、開いたWINDOWの中のNASに保存されている聴きたい曲のファイルを選択してアクティブにします。

連続して聞きたい曲は選択してすべてアクティブにします。

(二つ以上のファイルをアクティブにするにはShiftキーを押しながら選択します。)

Window右下の「開く」をクリックしてから、Wave File PlayerのChoseボタンをクリックすると連続再生が始まります。



[ハイレゾをWave File Playerで再生]
WFP_WTD_20121226ファイルの中のUtilityファイルを開きます。

中にあるReg4Expファイルをクリックします。

左側の「機能の区分」にある「将来の拡張」にチェックをつけます。

「傾きチャンク」を「Enable(AutoSel)」にします。

これでWave File Player for Experimetalで96kHz/24bit,192kHz/24bitのハイレゾ曲が再生できるようになりました。

 - 情報