デジタル音楽ファイル形式比較

   

厳密な意味での音質を選ばなければオーディオも場所を選ばず楽しめる時代になりました。
デジタルオーディオプレーヤーは超小型なのでどこにでも携帯できます。
音楽CDなどの曲をデジタルオーディオプレーヤーで楽しむには、パソコンで音楽ファイルに変換する必要があります。
音楽ファイルは、音楽CDそのままの音質でパソコンに保存すると、1分あたり約10Mバイトもの容量になってしまいます。
そこで必要なのが圧縮技術です。
音質を下げずにファイルサイズをより小さくするために、音楽データを「圧縮」するファイル形式が開発され、使われるようになってきました。
「MP3」や「WMA」「ATRAC3」「AAC」 と呼ばれるファイル形式です。
現在のところは、WMAが一番音質がすぐれていると思えます。
WMAは後発のオーディオ圧縮方式でもあり、他の音声圧縮方式の欠点が改善されているようにも思えます。
<<音楽ファイル形式(フォーマット)の比較 >>
略称 MP3  
正式名称 MPEG-1 Audio Layer-3
  圧縮効率  1/10
特徴     対応プレーヤーが多く世界的に普及しているが、技術が古いため音質が劣る。
  推奨ビットレートは128kbpsでCD並みの音質を保ったままデ ータ量を11分の1程度にする事が可       能。
略称 AAC
正式名称 Advanced Audio Coding
圧縮効率 1/20
特徴 MPよりも1.4倍ほど圧縮効率が高く、音質はほぼ同じ。
対応プレーヤーの種類が少ない。
アップルが使用しているフォーマットとして有名。
BSデジタルでの5.1chサラウンド放送や携帯電話の着信メロディでも使われている。
アップル社のサイトによるとAACを使って128kbps(ステレオ)で圧縮したオーディオは、オリジナル     の非圧縮オーディオと「区別がつかない」と専門家に評価されました。
音楽ソフトの「iTunes」や「iPod」、「プレイステーション・ポータブル」などで再生が可能。
略称 ATRAC3
正式名称 Adaptive Transform Acoustic Coding3
圧縮効率 1/10
特徴 ソニーが開発した音声圧縮技術です
MDに採用されたのがATRAC。
ATRAC3はメモリースティックに採用されています。
ATRAC3 plus は圧縮率がMDを上回りながらもMD並みの高音質 でNet MDで採用。
DRMに対応している。
ATRAC3plusはソニーが開発したATRAC3を改良した音声圧縮技
術で、ソニー製のMP3プレイヤーなどに採用されている。
       ATRAC3ファイルよりデータ量を小さくする事が可能で、CD並
       みの音質を保ったままデータ量を22分の1程度にする事が可能       。
  略称 WAV (ウェーブ)
正式名称 無圧縮
特徴 Windows標準の非圧縮音声フォーマット。
ファイルサイズが非常に大きく、74分CD1枚分で約650~
750MB程度になる。
略称 WMA
正式名称 Windows Media Audio
圧縮効率 1/20
特徴 Microsoftが開発した音声圧縮方式。
音質・圧縮率ともに優れ、対応プレーヤーも多い。
Windows Media Player の標準形式。DRMに対応しています。
最近スタートしたナップスターの音楽配信はこの形式でされています。
推奨ビットレートは64kbpsでCD並みの音質を保ったままデータ量を22分の1程度にする事が可能。

 - ソフト