スピーカー計測器を無料で入手

   

昔は、オーディオスピーカーの周波数特性を測定をするには高価な信号発生器とオシロスコーが必要でした。
ところが、パソコンは大変優れた信号発生器と計測器になるらしい。
「山本智矢」著の「今日の必ずトクする一言」に書かれています。
電気に詳しい方らしく、僕には内容がほとんどできませんが、結論だけは利用させていただいています。
たとえば安物オーディオ機器でも電流帰還アンプは音が良くなると改造例が説明されています。
触発されてやってみるのですけど原理が理解できていなので結局うまくいかないままになっているアンプがいくつかあります。
ところで、パソコンはフリーソフトwavetoolを入手するとスピーカーの周波数特性が簡単に計測できるようになるそうです。
wavetoolはhttp://mda.smartelectronix.com/utilities.htmのサイトで
vbrun300.dllとwavetoolをダウンロードします。
(本にかかれているサイトはつながらなかったがこちらは大丈夫)
二つともダウンロードしたら同一フォルダにいれて解凍します。
後日、製作するスピーカーの調整に利用するため早速ダウンロードしました。
Spectrum Analyserとオシロスコープ(SCOPE)と信号発生ソフト(SIG-GEN)等が無料で入手できました。
説明は英語だけど使うときにはあちこちのホームページを見て歩くと使い方が丁寧に日本語で説明されているので大丈夫です。

 - スピーカー