音の良いラジカセ

   

wms_image01_b.jpg最近、音の良いオーディオ的ラジオカセが欲しくなった。
いろいろカタログやネット情報を参考にしたが、最近は音の良いラジカセは日本製では皆無のようだ。
欲しいとおもったのはアメリカ製のBOSEのウェーブミュージックシステムだ。
システム構成は CDプレーヤー/AM・FMチューナー内蔵の一体型パーソナルオーディオ。 スピーカーユニット 60mmフルレンジ・ドライバー×2(防磁型)
最大出力 15W+15W
価格: 74,970円(本体価格:71,400円)
問題はラジカセにしては74,970円と高いのだ。
音が良い最大の原因はスピーカー部にある。
独自の重低音再生技術を搭載。コンパクトなサイズながら大型スピーカーに匹敵する重低音を再生するとある。
スピーカー裏の音道を長く取ってバックロードホーンのような構造で重低音の再生を可能にしているのだ。
もちろん、CDプレイヤーとラジオの再生装置もそこそこの性能を保持させて全体として高音質に保持していると思われる。
大人が欲しいと思う製品になっている。
これを買う前に日本製品をひとつためしてみたくなった。
オーディオ体験情報目次に戻る

 - その他