オーディオ的快感は低音

   

スピーカーとかアンプ組み立てているとオーディオ的に音楽を聴くことが習性になってしまう。
濁りのない、深い低音が、軽くでてくるとオーディオ敵快感を感じる。
スピーカーやアンプを組み立てて良かったと思う。
そして、いい音源が入ったソフトを求め、ソフトに入っている情報量を色づけなく最大限に引き出してくれるプレーヤーが欲しくなる。
今は子供も自立していなので日常の生活を崩さない程度に、投資金額やオーディオ製品の大きさに制限を設けざるを得ない。
でも最近の気持ちは、物量をかけなくてもそこそこ良い音で聞ければ十分というふうに変化してしまった。
ボーズのウェイブは8万円以下でそこそこの低音と明瞭な音をだすらしい。
1個8万円のカートリッジの価値と比較するとボーズのウェイブの方が圧倒的コストパフォーマンスが高いのだ。
僕のオーディオ的快感はそのような小型軽量システムでも得ることができる。

 - 情報