無駄にした手づくりSY-CAP

   

コンデンサー.JPG
安井章氏のアンプ製作に良く使われるコンデンサーがSY-CAPです。
若松通商で販売されていて4.7μFで2000円弱と結構高価格です。
無線と実験の製作記事では作り方が丁寧にも書かれています。
シーメンスのフィルムコンデンサーをガラスエポキシ基板ではさみ絹糸で巻き、エポキシ樹脂で固めます。
たまたま手持ちのシーメンス抵抗が4個あったので2個作ってみたのが上の写真。
ガラス基板は使わず絹糸で巻いただけです。
前回の記事に書いたとおり、ヘッドホンアンプでは低音不足に陥ったのは明らかに、計算手間を省いたミスでした。
周波数を1/2ΠRCで計算するとインピーダンス30Ωのヘッドホンでは1000Hz以下の信号電圧が半分程度になってしまいます。
カップリングコンデンサーは大きいほど良いともいわれていますが、限度もあるとは思うのですが。
とりあえず、出力カップリングコンデンサーはMUSEのBP220μFに換えて十分な低音をヘッドホンは再生しています。

 - 情報